ドックフードの与え方

愛犬がドッグフードを食べない!偏食の犬にも残さず食べてもらう方法とは?

こんにちは!管理人のクラゲです。

今回は愛犬がドックフードを食べない・残してしまうというお悩みをいただきましたので、その原因と理由、そして対処法をこの記事で紹介していきます。

わんちゃんは基本的になんでもたべてくれます。そのわんちゃんがご飯を残したり食べないとときは、不安で心配でたまりませんよね。

ご飯を食べてくれない原因が、犬の体にあるのか、飼い主さんのごはんの与え方に問題があるのかはわかりません。

まずこの記事を見て、原因を探ってみませんか?

合わせて食べてくれないときの対処法も紹介しますので試してみてください。

犬がドッグフードを食べない理由は?

わんちゃんがご飯を食べない原因にはいくつか考えられます。

一つ一つ例を挙げていきますので、あなたの愛犬に当てはまるか確認してみてください。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
体調や病気が悪いと食欲が出ないのは当然だよね~

①体調不良はあるのか

愛犬の食欲がない、いつも食べるご飯を食べなくなった。その理由で一番最初に考えられるのが、体調の良し悪しです。

  • 最近元気がない
  • ウンチの出が悪い
  • 下痢をしている
  • おしっこを粗相してしまった
  • 吐いてしまった

などいつもとは違う行動を見ていませんか?

特に吐いたり、下痢をしている場合は消化器系に問題がある可能性が高いので食欲は落ちてくるものです。

②病気の有無

すでに何かの病気と診断されている場合は、その病気が原因となっている可能性が高いです。

病気になると、体に痛みやダルさなど不調が起きます。こういった不調があるとわんちゃんの食欲は低下し、ご飯を食べなくなります。

まずは病気を改善するよう治療を行うのが先決です。さらに消化のいい病院食も売られていますので、アレルギーがなければそちらを利用するのもいいのでしょう。

③給与量が多い

年齢・去勢避妊の有無・体重で一日に必要なカロリーは決まっています。

病気も体調不良もないのなら単純にご飯を与える量が多すぎるのかもしれません。

成犬を例にしてみると、以下の表のカロリーを必要とします。

成犬の要求カロリー(避妊・去勢をしていない)
理想体重1日に必要なカロリー量
1kg126kcal
2kg211.9kcal
4kg342kcal
10kg666kcal

コンビニのおにぎりが1つ180~200kcalであることを考えると、意外と必要なカロリーは少ないとことがわかると思います。

愛犬がご飯をよく残すという場合は、一度ドックフードのパッケージ裏を確認し、給与量が適切かどうか確認してみましょう!

④人の食事の味(香り)を覚えてしまった

犬は人よりも味を感知する味蕾の数は1/5ほどと少なく味に鈍感です。

しかし、猫とは違い甘みを感じることもできますし、苦みや酸味も感じることができます。

唯一塩味は感じることができませんが、これは犬がもともと肉食動物で獲物の体液(血液)ごと肉を食べていたので、肉を食べていれば塩分バランスを調節する必要がなかったことから、

味覚に塩味を感じる味蕾がなくなった(もともとなかった?)んだと考えられています。

そのため犬の味覚は人よりも鈍感で、おいしさを判断する優先基準では味覚は下の方にあります。

犬がおいしさを決める基準

匂い(香り)>食感>味>見た目

特に犬では香りで判断するので、おいしそうな香りが充満する食事時に一緒にご飯を食べようとすると犬は人の食事に興味が行ってしまうため、ドックフードを食べないor食べ残してしまいます

⑤同じドッグフードに飽きてしまった

犬にも嗜好性(ごはんの好み)があります。

  1. 冷たいフードよりも温かいフード
  2. 生肉よりも調理された肉
  3. ぱさぱさなフードよりも、水分がありしっとりとしたフード
  4. 肉の種類(牛肉、豚肉、鶏肉、魚系など)

「香り」と「食感」を優先しておいしさを判断しているからこそ、こういった好みになります。

基本的に毎日同じフードでも食べてくれる犬もいます。これは野生では食べれるときに食べておかないと生きていくことができないことを遺伝子が覚えているためです。

しかし、人と生活するようになってから極度に空腹となる期間は減ってきているため、「食べられたらいい」よりも「栄養や美味しさ」を求めるようになってきているのかもしれません。

⑥おやつをあげすぎている

いつもあげているフードの量は適切でも、間食(おやつ)をあげすぎていたら本末転倒ですよね。

犬によってはフードよりも間食の方を好む子もいますが、間食はあくまでも間食です。与えすぎたら栄養バランスは崩れてしまうので、与える量を調節しましょう!

偏食の犬にドッグフードを食べさせる方法は?

年を取って食欲の落ちた犬や好みの激しい犬など、わんちゃん中には偏食気味の子もいます。そういったわんちゃんにご飯を食べさせることに苦労している方も多くおられることでしょう。

そこで、そういった偏食気味の子にもご飯を食べてもらえる工夫をここでご紹介していきます。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
フード自体を変えるのもいいけど、ちょっとした工夫をすればわんちゃんの食欲を刺激することはできるんだよ

①温度を変える

犬にとってご飯の温度も重要なファクターです。

というのも、フードの温度が変われば「香り」が引き立ちわんちゃんの食欲を刺激することができるからです。

フードを温める方法としては

  1. 湯銭
  2. 電子レンジ

がありますが、温めすぎには注意が必要です。

②器を変える

器を変えることは意外と重要です。

簡単にフードがこぼれてしまう食器よりも、返しがついていてフードがこぼれにくく食べやすい器のほうが犬も好みます。

また食器の高さを変えると食欲が出る場合もあります。

背骨にヘルニアなどの症状があり、首をあげたり下げたりするのがつらい場合は、その子にあった高さの食器に変えてあげると、ご飯をよく食べてくれるようになるかもしれません。

③トッピングを加える

食欲を出す方法にはトッピングをする方法もあります。

こちらも味を変えるというよりは「香り」と「食感」を変える目的で使用していましょう。

一般的なドックフードの食感やにおいが好みでないのなら、ミンチ肉などの生系の肉をトッピングしてみるのもいいでしょう。

③ドッグフードの硬さを変える

一般的なドライフードは水分含量が少なく、製品によってカリカリ感やぱさぱさ感が強いです。

こういった食感が好みでないのなら、、フードの形を変えて食感を変化させる必要があります。

食感を変えるなら缶詰やパウチでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、ドライフードに手を加えたほうが、経済的だったり栄養バランス的に良いことが多いです。

缶詰やパウチはここぞというときにご褒美としてあげるのがいいでしょう。

Ⅰ割る

フードを割ることで、フード自体の大きさを小さくし食べやすいサイズにします。

Ⅱふやかす

水分含量の少ないドライフードよりも少しふやかして柔らかくなったフードを好む子もいます。

基本的にこういったフードを好む子は歯が悪くなってきている子ですので、先に歯石取り(スケーリング)をすることをオススメします。

Ⅲ潰す

ドライフードをつぶし、少しの水と混ぜて練り団子状にする方法です。

こちらも歯が悪くなってきていたり、加齢によってあごの力が弱くなってきているわんちゃんにオススメの方法です。

Ⅳ混ぜる

こちらはフード自体に手を加えるというよりも、2種類以上のフードを混ぜて食感や香りに変化をつける方法です。

いくつかフードを準備しておけばローテーションを組んで、わんちゃんに飽きさせない工夫ができるでしょう。

愛犬にドックフードを残さず食べてもらう方法まとめ

わんちゃんがご飯を食べてくれないのには理由があります。

そしてその理由に一番に気づいてあげられるのは飼い主さんです。

この記事を見て愛犬がご飯を残したり食べてくれない理由が分かったのでしたら、いつもと違うご飯の与え方をしてみてあげてください。

温めるだけでも、わんちゃんの食欲は動かすことができますよ。