ドッグフードの選び方

グルテンフリーやグレインフリーのドックフードで本当に大丈夫?正しいフードの選び方

こんにちは!管理人のクラゲです。

最近「グルテンフリー」や「グレインフリー」という言葉を耳にしませんか?

男性
男性
効果はよく知らないけど健康にいいんじゃないの?

そんな認識の方も大勢おられると思います。

「なんとなく健康にいいんだろうな~」という印象はあるけど、実際どんな違いがあるか、どう健康にいいのかわかっていない方のために、今回はこの2つの「グルテンフリー」と「グレインフリー」について詳しくご紹介していきます。

この記事でわかること
  • グルテンフリー、グレインフリーの違い
  • 本当に健康にいいのか?
  • グルテンフリー、グレインフリーが必要な犬
  • グルテンフリー、グレインフリーを実践する前にすべきこと

この記事が、フード選びの参考になっていただけたら幸いです。

グルテンフリーとグレインフリーの違い

最近のペットフードの健康ブームで増えてきたグレインフリーグリテンフリー。

その意味や違いをきちんと理解されてない方も多くおられると思います。

  1. グルテンフリーとは
  2. グレインフリーとは

についてここで詳しく見ていきましょう!

①グルテンフリーとは

グルテンフリーのグルテンとは、イネ科植物に含まれるたんぱく質のことで、主に小麦に含まれています。

粘り気があり、うどんの”コシ”やお菓子のもちもちの食感を出すのが、このグルテンです。

小麦粉に水を加えて練った生地を水中で洗い流していくと得られる粘性物質。主成分はグルテニンとグリアジンが結合してできるたんぱく質で、グルタミン酸を多く含む。麩(ふ)の原料。麩素(ふそ)。

引用:デジタル大辞泉

そのため、グルテンフリーというとグルテニンとグリアジンが結合してできるたんぱく質が含まれていないフードのことを指します。

②グレインフリーとは

グレインフリーの「グレイン」とは穀物のことです。

ですので、グレインフリーとは「穀物の入っていない」フードのことを指します。

ドックフードに入っている穀物で代表的なものはというと、白米や玄米、小麦や大麦、ライムギ、さらにトウモロコシも穀物に入ります。

これらの穀物をすり潰し粉にしたもの(小麦粉、コーンミールなど)がフードに入っているとグルテンフリーとは言いません。

グルテンフリー・グレインフリーが健康にいいと思われている理由

グルテンフリー・グレインフリー自体は、病気を持っていたり体質が悪さをしている一部の犬には健康にいいものです。

逆に病気を持たない犬には、グルテンやグレインは有益に働き制限をするほうが体に問題いを起こすことがあります。

しかし世間の認識では、グルテン・グレインは「体に悪いもの」。
グルテンフリー・グレインフリーが「健康にいいもの」と極端に認識されています。

この理由には、主に以下の3つが考えられます。

  1. 犬の食性
  2. 食物アレルギー
  3. 人の健康ブーム

グルテンフリー・グレインフリーが健康にいいと思われているその理由についてそれぞれ見ていきましょう!

①犬の食性

犬の食性は肉食です。

ですが近年の研究で、

  1. 犬の祖先となったオオカミは雑食性の種であった
  2. 犬はオオカミの2~18倍のアミラーゼ(デンプン消化酵素)を持っている

といった研究結果が出ています。

しかし、オオカミよりもデンプンを消化できても主食は『肉』なので、デンプンを分解する能力は草食動物や完全な雑食動物に比べると劣ります。

そのため、グレイン(穀物)が入っているものは犬の栄養になりにくく、食物繊維でかさまししている粗悪なフードだという考えが広まってしまい、

その結果、グレインフリーは犬の体や健康にいいものと判断されているのです。

しかし実際は、グレイン(穀物)に含まれている炭水化物は害になるどころか犬にとっても有益に働きます。

炭水化物を構成しているのは糖類(デンプン)と食物繊維で、糖類はエネルギー源に、食物繊維は腸内環境を整える効果があります。

以下の記事で、犬が穀物を食べていい理由ダメな理由について書いています。興味があれば合わせてご覧ください。

【ドックフード】肉食動物の犬に穀物を与えてもいい理由ダメな理由こんにちは!管理人のクラゲです。 わんちゃんの祖先はオオカミってこと、 多くの方はご存知だと思います。 そのイメージか...

②食物アレルギー

食物アレルギーとは、特定の食品や食材に含まれているタンパク質に体の免疫反応が異常に出てしまうものです。

つまり、小麦に含まれているタンパク質(グルテン)が小麦アレルギーの原因になる事、そして小麦アレルギーがペットの間でも増えてきたことが、

グルテンがわんちゃんの体に悪いものとみなされ、グルテンフリーのフードは犬の健康にいいものと判断されたのです。

確かに近年、小麦をふくむ食物アレルギーが多くなっていきた印象があります。

しかしそれは、食物アレルギーの測定機器・方法の性能が高まったことによるものがほとんどで、報告されていないだけで以前から食物アレルギーは一定数いたと考えられます。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
本当にここ数年で食物アレルギーのわんちゃんが増えてきたね。アレルギーは一目見ただけじゃわからないこともあるから、アレルゲン検査をしてみるのもいいかもね~

③人の健康ブーム

多くの方がテレビや雑誌などのメディアを通して、ダイエットや美容のために「炭水化物抜きダイエット」などの食事を制限するものがブームとなっています。

実際、こういった食事制限ダイエットには、はっきりした科学的根拠やガイドラインがありません。

インターネット上の評判ばかりが独り歩きして、過剰なやり方が横行してしまい健康被害が続出しています。

若い人や糖尿病患者が、医師の指導のもとで一定期間やるのは大丈夫ですが、ネット上の成功結果だけを鵜呑みにして、実践している方が結構な人数おられます。

今は、炭水化物抜きダイエットを安易にすることは危険だとインターネット上でも広まってきていますが、いまだに健康や美容にいいものだと考えている人も一定数おられます。

そういったブームの影響があって、犬の健康を考える飼い主さんが増えたことで、メーカーがグルテンフリーやグレインフリーのドックフードを出すようになったと考えられています。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
炭水化物を抜けば一時的にはやせるだろうけど、ストレスはたまるだろうし栄養バランスも崩れちゃうからね。リバウンドもするし後々、体の歯車が狂っちゃうかも⁉

グルテンフリー・グレインフリーの実際

実際のところ、グルテンフリーとグレインフリーは健康にいい面と健康に悪い面があります。

健康にいいからと盲目的になるのではなく、愛犬の体調や病気の有無から判断して、グルテンフリー・グレインフリーが必要な犬必要のない犬に分ける必要があります。

グルテンフリーが必要な犬

グルテンとは、主に小麦に含まれる「たんぱく質」のことを指します。

このたんぱく質を摂取したことで、体に食物アレルギーが起こるのであれば、グルテンフリーのフードは効果があるでしょう。

しかし、そういった食物アレルギーがないのであれば、特別制限する必要はありません。

グレインフリーが必要な犬

グレインとは「穀物」のことを指します。

肉食の犬が、穀物を食べても栄養にできない・栄養価が低いという考えからグレインフリーが推奨されていた時もありますが、

グレイン(穀物)をドックフードに加工する過程を踏めば、犬の消化器官でも消化吸収できることが分かっています。

そのためグレイン由来の栄養も十分に取ることができますので、あえてグレインフリーにする必要はありません。

食物アレルギーがある場合は別ですが・・・。

グルテンフリー・グレインフリーを選ぶ前に愛犬の食物アレルギーを検査してみよう!

グルテンフリー・グレインフリーともに、健康に問題がなければ特別する必要のないものです。健康にいいという科学的な根拠もなく、逆に健康を悪くしてしまう声も少なくありません。

そこで愛犬がグルテンフリー・グレインフリーが必要かどうかを判断するために、食物アレルギー検査をしてみてはいかがでしょうか?

犬の食物アレルギーを調べる方法としては、動物病院で採血をして血液を検査センターに送り検査してもらうのが一般的です。

測定できるアレルゲン(アレルギーの原因物質)は画像のとおりです。

食べ物以外にもカビや花粉、ダニやノミなどのアレルギーの原因になる物は一通り調べることができます。

金額は病院や検査機関によって上下しますが、だいたい4万円ほどかかります。
気軽にできるものではありませんが、一度やっておいて損はないでしょう。

クラゲ獣医さん
クラゲ獣医さん
年を取ってくると体質が変わるんだよね。今までダメだった食材が食べられるようになったり、その逆もあるから参考程度に考えたほうがいいね。

原材料だけでなく製法にも注目しよう

ドックフードを選ぶときは原材料を調べることも大切ですが、製造方法にも目を向けてみましょう。

グレイン(穀物)を例にあげると、犬は草食動物や生粋の雑食動物に比べ、グレインの主な栄養素である炭水化物を十分に分解できるアミラーゼ(デンプン消化酵素)を持っていません。

そのため、グレインをそのまま食べても栄養価になりにくいので、消化吸収しやすいように加工する必要があります。

逆を言えば、加工してしまえばわんちゃんでも穀物を十分に栄養源として利用することができるのです。

その加工方法は、炊飯や蒸すといった水を混ぜて加熱することです。
こうすることで、炭水化物を「α化」して消化吸収しやすい形に変化することができます。

以下の記事でも、「α化」と炭水化物について書いてありますので合わせてご覧ください。

犬は炭水化物を消化できない?ネット上に出回る真実と嘘を解説こんにちは!クラゲです。 ネット上にはいろんな情報が出回っていますよね。その中には有益な情報も全くでたらめな情報もいろいろです。 ...

まとめ:グルテンフリー・グレインフリーのドックフード

グルテンフリー・グレインフリー共に、健康上問題ないのであれば、とりわけやる必要のないものです。逆にやりすぎれば健康被害が出てしまうので注意が必要です。

しかし、一部の食物アレルギーのあるわんちゃんにとっては非常に有用性のあるものですので、一度アレルギー検査をしてみてはいかがでしょうか?